治療症例集|スウェーデン矯正歯科

銀座一丁目駅 徒歩1

お問い合わせ03-3535-8711

キービジュアル

子どもの受け口 (その3)

2019年09月13日

10歳男の子、主訴は「受け口」でした。

 

治療前: 舌で下の前歯を押すクセが原因で、受け口になってしまいました・・・

 

舌の位置を改善する訓練とブラケットを用いた矯正治療を行いました。

 

治療後: 受け口は解消しました!

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。舌を前に出すクセ(舌突出癖)が原因で、反対咬合になってしまったと考えられる症例です。患者さんは、舌の位置を改善する訓練の大切さを理解しとても精力的に取り組んでくれました。矯正治療では、たとえ小児であったとしても患者さんの協力度が治療成功の鍵を握っています。

子どもの受け口 (その2)

2019年09月13日

8歳の男の子、主訴は「前歯の反対咬合(受け口)」でした。

 

治療前: 反対咬合が原因で下顎が右にずれて、さらに前歯がすり減っている・・・

 

治療中: ブラケット(固定式装置)で治療をしました。

 

治療後: 反対咬合は直り、下顎の横へのズレもなくなりました!

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。この治療の目的は、1.下顎が曲がって成長しないようにすること 2、歯のさらなるすり減りを予防すること でした。
ちなみに歯並びは、必要であれば大人の歯(永久歯)がすべて萌え揃ってから直します。

 

どんなに上手に歯を磨けるお子様であっても(治療前)、矯正装置が付くと途端にブラッシングが難しくなることがあります(治療後)。虫歯や歯肉炎予防のために、出来るだけ短い期間で治療を終えることが、小児の矯正治療では大事です。

子どもの受け口 (その1)、横顔(口元)の改善

2019年09月13日

「子どもの治療例も」とのご要望を頂きましたので、10歳以下のお子さまの治療例をお見せいたします。

 

9歳の女の子、主訴は「受け口」でした。

治療前:見た目がお友達と違うことを気にしてました・・・

 

治療後:”正常な”かみ合わせになり、患者さんもとても喜んでいました!

 

院長のコメント: 治療期間は1年でした。お子様の場合、矯正治療へのモチベーションを長期間保つ事が難しいため、治療期間は1年以内で終わるように計画いたします。この患者さんの場合、本人が受け口を気にしていたので、やる気に溢れていましたが、それでも1年が精一杯でした。

 

この治療で得られたものは、”正常な”かみ合わせだけではありません。下の2つの横顔の写真を見比べてください。

 

 

治療前:顔の真ん中部分(頬~上唇周辺)がへっこんでいて、下唇が飛び出て見えます。

 

治療後:顔の「へっこみ感」が改善し、上唇が下唇より前に来たので、横顔がとても自然になりました!

 

お子様のQOL(生活の質)が向上したため、ご両親が患者さん以上に喜んでおられました。

 

10歳のお子様でもコンプレックスがなくなると、表情はもっと明るくなります。これは、きっと精神的な成長にプラスになると考えられます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話03-3535-8711

  • メール相談
  • web予約

住所〒104-0061
東京都中央区銀座1-5-14 銀座コスミオンビル2F (並木通り沿い)

このページの先頭に戻る