医院ブログ|スウェーデン矯正歯科

銀座一丁目駅 徒歩1

お問い合わせ03-3535-8711

キービジュアル

「叢生(歯のがたがた・口ゴボ)」を治したい!治療法は?【後編】 銀座

2022年02月7日

前回、叢生とはどのような歯並びの状態であるか、また叢生をそのままにしておくことでどのようなデメリットが生じるかについて説明しました。

叢生によるデメリットは多いですが、治療によって治せるものです。

今回は叢生の治療法はどのようなものかについてご紹介するとともに、治療することでのメリットについても触れたいと思います。

 

叢生の治療法

叢生の治療法はずばり歯を矯正することです。

矯正とは矯正装置を使って、歯並びを整えていく治療のこと。

矯正方法にはいくつか種類があり、どの治療法が良いかは、歯並び状態によって異なりますが、叢生の場合の矯正方法として主なものを紹介します。

 

【ワイヤー矯正】

ワイヤー矯正は最も一般的な歯並びの矯正方法で、歯にブラケットと呼ばれる矯正装置をつけ、それにワイヤーを通して歯の位置を動かします。

歯の表面に金属製の装置をつける方法(表側矯正)がメジャーですが、装置が目立たないよう白色や透明のもの、また葉の裏にブラケットをつける方法(裏側矯正)もあります。

 

複雑な症例にも対応できるので、歯並びのデコボコ、口ゴボなどの叢生の場合、ワイヤー矯正を勧められる場合も多いでしょう。

歯を並べるスペースが狭い場合、抜歯が必要となる場合もあります。

 

【マウスピース矯正】

マウスピース矯正は、その名の通り、マウスピースを歯に装着し、歯を動かす矯正方法です。

ワイヤー矯正は一度装置をつけると自分で取り外しができませんが、マウスピース矯正は自分で取り外しでき、歯磨きや食事などをする際、装置が邪魔になるということがありません。

 

ただし、マウスピース矯正は複雑な歯並びには対応できないこともあります。

マウスピースを希望する場合、自分の症例がマウスピース矯正が適応されるかどうかは、歯科医院で相談しましょう。

また、装着時間も1日20時間以上つけていないと矯正効果が感じられない場合があるので、取り外しができると言っても常につけることが必要です。

 

【拡大床矯正】

拡大床矯正は、拡大床という取り外しのできる装置を使って歯が並ぶスペースを広げる矯正方法です。

主に顎を横に広げて、歯の並ぶスペースを作ります。

スペースが広げられれば、抜歯をせずに矯正ができる場合も。

 

ただし、スペースを広げるのには限界があるため、拡大床矯正が適応できる例にも限りがあります。

また、歯自体に力をかけて動かすわけではないので、拡大床だけで歯をきれいに並べられない場合、ワイヤー矯正を併用する必要があります。

 

叢生の歯並びを矯正治療することのメリット

叢生の歯並びを矯正することで、以下のようなメリットが得られます。

 

【メリット①見た目が改善される】

まず、歯並びが悪く、口元がコンプレックスになっていた方は、それが改善されます。

口を開けたときに歯を見せることに抵抗がなくなったり、口元がすっきりして横顔に自信がつく方も。

 

【メリット②虫歯や歯周病になりにくくなる】

叢生の状態では口腔ケアがしづらかったところも、矯正で歯並びがきれいになることで、ケアがしやすくなります。

丁寧にケアできるようになり、虫歯や歯周病のリスクが下がります。

また、歯周病などが原因で口臭が発生していた場合、その口臭も改善されます。

 

【メリット③消化吸収が良くなる】

歯並びが良くなると、食べ物をしっかり噛み切れるようになります。

そのため消化吸収が良くなり、体全体の健康へもつながります。

 

【メリット④活舌が良くなる】

歯ががたがた、デコボコしていたため、舌の動きに制限があった叢生の場合、矯正することで活舌が良くなる場合があります。

メリット①の口を開けることに抵抗がなくなることと相まって、発音が明瞭になることも。

 

まとめ

叢生は日本人にとても多い不正咬合の1つです。

矯正を行うのは費用もかかりますし、平均1年以上の期間が必要ですが、叢生を治療することで大きなメリットが得られます。

叢生を直したいと思ったら、まず矯正歯科医師に相談をするところから始めてみてください。

「叢生(歯のがたがた・口ゴボ)」を治したい!治療法は?【前編】 銀座

2022年02月4日

歯ががたがたに生えている、歯が傾いているなどの悩みを抱えている方はいませんか。

このような歯がデコボコに生えている、またその歯並びのせいで口元が盛り上がってしまっている歯並びのことを、医学用語では叢生(そうせい)といいます。

犬歯などが他の歯よりも前に飛び出している八重歯も、叢生の一種です。

歯並びが悪いとコンプレックスを抱く人もいますが、実はそれ以外にも叢生をそのままにしていると生じるデメリットがいくつかあります。

 

今回は叢生とはどのような状態のことか、また叢生であることのデメリットについて紹介していきます。

 

叢生(そうせい)とは?

叢生とは、顎の上に歯が並びきらず重なって生えたり、傾いて生えている状態のことを言います。

歯の生えるスペースと、歯の大きさのバランスが取れていないため、デコボコとしてしまいます。

そのデコボコとした歯が前に出ていると、口ゴボと呼ばれる

別名、乱杭歯(らんくいば)とも呼ばれ、不正咬合の一つです。

 

不正咬合には他に出っ歯やすきっ歯、受け口などがありますが、日本人にはダントツで叢生が多いと言われています。

 

【叢生の原因】

叢生の原因には次のようなことが考えられます。

 

1.顎が小さい

顎が小さく、歯の並ぶスペースが確保できていない場合、叢生になりやすいです。

乳歯の時は問題なくても、永久歯は乳歯よりも大きいため、歯の生えるスペースがなく、本来の位置とは異なったところに生えてしまうことがあります。

顎の成長に伴い、歯が移動して並ぶこともありますが、並ぶスペースが確保されないままであればデコボコしたままです。

 

2.歯が大きい

顎の大きさに対し、歯が大きい場合も叢生の原因になります。

歯の大きさは個人差がありますが、永久歯が顎に比べて大きい場合はねじれて生えてきたり、傾いたりなどまっすぐに生えてこないことも。

その結果、叢生になりやすいです。

 

3.乳歯が早く抜けた

乳歯が通常よりも早く抜け、そこに永久歯が生えるまでに時間がかかって隙間がある状態が長いと、そのスペースへ周りの歯が移動することがあります。

その結果、抜けた個所の永久歯が生えてくる前に、その生えるスペースが狭くなってしまい、前後にずれて生えてきたり、傾いて生えたりしてしまうことも。

 

叢生のデメリット

日本人に多いと言われる叢生ですが、叢生を放置したままだと次のようなデメリットがあります。

 

【虫歯になりやすい】

まずは叢生の状態では虫歯になりやすいことがデメリットして挙げられます。

歯が重なったり、デコボコに生えていると、食べ物が詰まりやすかったり、ケアをしようと歯磨きをしても歯ブラシが当てづらいです。

十分にケアできず、食べかすが歯の隙間に残ってしまうと、そこに歯垢や歯石が溜まり、虫歯になってしまうことがあります。

 

【歯周病や口臭の原因に】

叢生により口腔ケアがしづらいことから、歯周病にもなりやすいです。

歯と歯肉の境目に汚れが溜まると、細菌に感染しやすくなり、歯茎に炎症を起こします。

痛みはほとんど感じないものの、歯周病は口臭の原因にもなりやすく、また歯周病が進行すると歯がぐらぐらし、最終的には抜けてしまう場合もあります。

 

【見た目がコンプレックスに】

歯並びが悪いと、その見た目が気になるという方も多いです。

口を開けたときに見た目が悪いので、人前で話したくない、口を開けたくないなど、コンプレックスを持つ方もいます。

 

【全身に悪影響を与えるケースも】

また、叢生に伴って噛み合わせにも問題があれば、食べ物をしっかり噛めないまま飲み込んでしまい胃腸に負担をかけたり、肩こりや首こりなどの全身に悪影響を及ぼすこともあります。

 

今回はここまでにします。

次回は叢生を矯正するにはどのような方法があるか、治療して得られるメリットについてご紹介します。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話03-3535-8711

  • メール相談
  • web予約

住所〒104-0061
東京都中央区銀座1-5-14 銀座コスミオンビル2F (並木通り沿い)

このページの先頭に戻る